• Wix Facebook page
  • 2000px-Youtube_icon.svg.png
  • SoundCloud App Icon
  • Wix Twitter page
  • Instagram App Icon
  • LinkedIn App Icon

© 2019 Nathan Mertens. 

JAPANESE COMMISSIONING CONSORTIUM

ABOUT

This consortium is commissioning six Japanese or Japanese-educated composers to each write a new work for the contemporary saxophone repertoire. The commissioned composers are from diverse backgrounds, write in a wide array of styles, and represent the next generation of Japanese composition. They will each write a new 4-7 minute solo work (electronic/piano accompaniment or unaccompanied) for any saxophone that they wish. 

DETAILS

- ¥6000 ($55 USD) per commissioning member (less than $10 per piece!)

- A PDF of the scores+materials for all 6 pieces

- Name printed in the published score 

- One year of performance exclusivity after the initial premieres in the Winter/Spring of 2020

- Premieres will be given by Nathan Mertens in the Fall of 2020

プロジェクトについて

このコンソーシアムはサックスの現代作品のレパートリーのための、6つの新しく独創的な作品を生み出すことを目的としている。作品を委嘱された 6人の作曲家は、それぞれ多様で幅広いスタイルを展開しており、日本で活躍し、あるいは日本において高度な音楽教育を受けている。それぞれの作曲家は、新しい4〜8分のソロ作品(電子音響、ピアノ伴奏または伴奏なし)をこの共同プロジェクトのために作曲する。各作品はコンソーシアムプロセスの全期間を通して作曲され、スコアおよびその他の素材は2019年8月30日に完成される

細目

- コミッショニングメンバー1人あたり6,000円
 -  6曲のPDF
 - 公開されたスコアに印刷された名前
 -  2020年冬と春の初演から1年間のパフォーマンス独占権

- 2020年冬と春のネイサン・マールティンによる世界初演。

JOIN NOW!!!

AKIRA ITO

​Akira was born in 1991 in Fukuoka, Japan.  He is now enrolled in the Doctoral course at the Kunitachi College of Music. He won the 33rd JSCM Award for Composers and Audience award. He has studied at Hochschule für Musik Karlsruhe (Germany) as an exchange student in 2017-18.

伊藤 彰

1991年福岡県北九州市生まれ。現在、国立音楽大学大学院博士後期課程音楽研究科専攻創作領域に在籍。 第33回現音作曲新人賞、併せて聴衆賞を受賞。 2017-18年交換留学生としてカールスルーエ音楽大学に留学。

SACHIE KOBAYASHI

BBorn in Kanagawa, Japan, she graduated from Aoyama Gakuin University in 2013. In 2018 she graduated from the Tokyo University of the Arts. (GEIDAI, composition), won the Acanthus Award and the Mayor's Award of Taito District. She is now a masters student at the the Geneva Music University (Haute école de musique de Genève) under Michael Jarrell, Luis Naon and Santiago Tomás Díez-Fischer.

小林祥恵 


神奈川県生まれ。青山学院高等部を経て青山学院大学総合文化政策学部総合文化政策学科卒業。2018年、東京芸術大学音楽学部作曲科卒業。卒業時にアカンサス賞、台東区長賞を同時受賞。2018年秋より渡欧、ジュネーブ高等音楽院作曲科修士課程(Haute école de musique de Genève)に在籍。

TEPPEI HIGUCHI

He graduated from Toho Gakuen University in 2013 (BM) and Tokyo University of the Arts in 2016 (MM). He recently was selected for the 31st JSCM Award for Composers and won the 3rd prize for the Music Competition of Japan. He is now enrolled in the Doctoral course at the Kunitachi College of Muisc and is exploring the meaning of listening in the field of both creation and research.

樋口鉄平

2013年桐朋学園大学音楽学部卒業。2014年第31回現音作曲新人賞入選。2015年第84回日本音楽コンクール3位受賞。2016年東京藝術大学大学院修士課程修了時に東京藝術大学大学院アカンサス音楽賞受賞。2017年より国立音楽大学大学院博士後期課程に在籍し、創作・研究双方の領域において聴取の「意味」の探求を行っている。

YAMADA NANAO

She is currently in the third year of a Composition Specialized Course Third Year at Kunitachi College of Music. She gains inspiration for her works from various elements around her, such as illness symptoms and the principles of light emission.

山田奈直

国立音楽大学作曲専修三年。

スペクトル楽派に興味関心があり、現在は病気の症状や電気の発光原理など、身の回りの様々な要素から発想を得て、音響にこだわった作品を製作中。

TAKASHI HAGA


​He did his undergraduate work at the Aichi Prefectural University of the Arts, where he received the Graduated Excellent Student Award and Nakamura Momoko Award. Haga then later studied under Edith Canat de Chizy at the Paris Regional Conservatory. He has won numerous awards, including 3rd prize the 21st Tokyo International Chamber Music Composition Competition and Grand Prix and the audience award at the 6th Coups de Vent International Symphony Band Composition Competition held in France.

芳賀傑 

愛知県立芸術大学音楽学部音楽科作曲専攻卒業。卒業時優秀学生賞ならびに中村桃子賞受賞。パリ地方音楽院にてEdith Canat de Chizyに師事。第21回東京国際室内楽作曲コンクール3位、第9回日本管打・吹奏楽学会作曲賞佳作、など多数受賞。2018年にはフランスで行われた第6回クードヴァン国際交響吹奏楽作曲コンクールにてグランプリ第1位ならびに聴衆賞を受賞。

© Ayane Sindo

SITING JIANG

Jiang was born in Guangzhou, China, but currently lives Japan. He completed is undergraduate work at the Shanghai Institute of Music and is currently is a PhD student at Kunitachi College of Music in Tokyo. In 2016 he did addition studies at the IRCAM (French National Music Acoustic Laboratory.)  Jiang’s compositional activity focuses on aesthetic reflexions of musical time and new concepts of measuring and scheduling sound events. 

スティン ジャン

蒋斯汀 Jiang Siting  (1986 - )、作曲家、中国(広州)出身、現在東京に在住。
上海音楽学院音楽デザイン専攻を卒業した後に来日。国立音楽大学大学院コンピュータ音楽作曲にて今井慎太郎に師事。修士課程を首席修了した後、同大学大学院の博士後期課程に進み、最先端のコンピュータプログラムを駆使する現代音楽の創作を中心とした活動を行う。また、2016年から2017年には、Hèctor Parra、Mikhail Maltに師事し、IRCAM(フランス国立音楽音響研究所)作曲家研究員のコースを修了。